「てくてく府中」は東京都府中市在住のママが作る子育て情報サイトです

てくてく府中

どんぐり・ペンギンクラブ

どんぐり・ペンギンクラブ

子どもを自然に触れさせて自由に遊ばせたいという、お母さんたちが1988年に立ち上げた「どんぐりペンギンクラブ」。子どもたちができること、お母さんたちがしたいことの思いを大切にし、サークルの内容が広がっていきました。
活動では、毎週のリトミックや、季節の行事、味覚狩りはもちろん、泥んこ遊び、色水遊び、ダイナミック制作まで1年かけ同じメンバーでいろいろな体験をします。活動場所も様々で、生活圏以外の府中をたくさん知ることができるのも魅力です。

どんぐり・ペンギンクラブ

また、このサークルに入部する方は、もともとこのような活動が好きなお子さんや、ママさんだけではありません。逆に、ママは苦手だけど皆の力を借りて体験させてあげたい、お友だちと一緒ならわが子なりの楽しさを見つけるのではないか、など様々です。もちろん、活動には下の子と一緒でも、下の子を妊娠中でも、パパが一緒でも参加可能です
また、この活動は資格を持った2人の先生がサポートしてくださっています。たくさんの引き出しを惜しみなくアドバイスくださる先生方の存在も、どんぐりペンギンクラブでしか味わうことのできない活動につながっているようです。

どんぐり・ペンギンクラブ

令和元年4月から、活動のブログもスタートさせたそうです。具体的な活動内容を少し詳しくお知りになりたい方は、ブログをご覧になってみてください。

どんぐり・ペンギンクラブ

【令和元年度どんぐり代表 佐藤さんのコメント】
上の子もペンギン、どんぐりの2年間。下の子も同様に2年間すごしています。2人の娘とすごしたこのサークルでの活動も、最後の年を迎えました。振り返って一番良かったと思うのは「常に子どもの一番近くで成長を見守り、感じることができたこと。」です。いずれは親離れしていく子ども達です。毎日が成長のこの時期に、ここですごした日々は、忘れられない宝物です。

取材に伺った私自身も、どんぐりペンギンクラブから派生したサークルにて1年間をすごしました。時間が戻せるなら、もう1度あの1年間に戻って先生方とサークルのみんなで楽しい企画をもっともっとやりたいと思うくらい充実していた1年間。そこでの子どもの成長はもちろん、何より、母としての自分を、先生方や仲間達に「いいね!」と言ってもらうことで自信に繋がった気がします。
取材日:2019年6月28日

Written by Rosemary

名称 どんぐり・ペンギンクラブ
代表 上田さん
主な活動場所 主に府中市内の文化センター、公園など
対象 どんぐり……3歳(年少クラスの学年)9:15-12:00
ペンギン……2歳(年少の1年下の学年)10:15-12:00
開催日 週2回
火曜日(公園遊び)、金曜日(リトミック・公園遊び)
費用 月額6,000円前後
ブログ https://ameblo.jp/donguri-pengin/
※見学、体験随時受付中です。
発足 1988年
参加者 10組ほど
連絡先 令和2年度どんぐり代表 上田 090-1856-1232

最終更新日:2020年10月13日

てくてくひろば てくてくひろば


すまいる すまいる



`てらこや てらこや


協賛・寄付のお願い 協賛・寄付のお願い


バナー広告掲載の募集 バナー広告掲載の募集