「てくてく府中」は東京都府中市在住のママが作る子育て情報サイトです

てくてく府中

茶吉

茶吉

中央図書館(ルミエール府中)のお隣、道を挟んだところに、着物のお店「茶吉(さきち)」さんがあります。
とても品が良い佇まいの建物で、看板のお洒落な文字が目を引いて気になっていました。このお店を初めて見つけてから早数年…。
なかなか機会がなくて入店に二の足を踏んでいましたが、あこがれの茶吉さんにお伺いしました。今回、着付け教室にも取材でお伺いさせて頂きました。

茶吉

お店に初めて伺った時には、お店の方に快くお迎えして頂きました。
入店してまず最初に目に入るのは、お草履や帯留めなどの小物がお出迎え。店内はとても落ち着いた空間です。
府中にこんな隠れた素敵なお店があったなんて…。
反物や帯がきれいに並べられていて、見惚れてしまいます。
茶吉さんでは、主にお着物の販売を行っていて、着物を購入される方はお茶などをされている方が多いそうです。
定期的に着物の展示会なども開催されていて、店内入口には素敵なDMも置いてありました。

茶吉

茶吉さんでは、お着物について、ひと通り全てのことを承っています。
お着物の販売の他に、着付け教室、展示会や、悉皆(お手入れ・リメイク)など、ホームページを拝見するとそれぞれについて詳しく詳細も掲載されていて、素敵な雰囲気も伝わってきます。
(※現在は、お気軽着付けはやっていないので、着付け教室のみです。)
子育て中は、着物をタンスにそのまま眠らせていて、機会がないとなかなかお手入れまで行き届かないのですが。以前は、頑張って着物でお出かけしたいな…。と思っていました。子供がいるとこれがなかなか大変で、すぐに挫折してしまったんですね〜。
整理整頓の時間も取れず、いつの間にか月日が経ってしまっていました。
復帰して、子供が大きくなって、着物を着る余裕ができた時…どう着るのか忘れてしまっているなんてことも!
そんな時に着付け教室へ通ってみようかな?と思っても、なかなか勇気がいると思います。
そこで、茶吉さんでは着付け教室をおこなっていて、1回からでも大丈夫とのこと。
お値段も基本マンツーマンで1時間1,500円と大変良心的です。(こちらは日時ご相談・要予約です。)

茶吉

今回は、ママチャーリーズメンバーが着付け教室を体験させて頂きました!
こちらは畳の部屋に鏡とカーテンが付いていて個室にもなります。鏡の前で先生に着方を教わりながら、マンツーマンで教えていただくことができるので、とても丁寧〜。
まずは小物の確認から。その後、足袋と肌着を着て、着物の着方を教えて頂きます。綺麗に着るための所作や、細やかなポイントまで惜しみなく教えてもらいました。
なかなか一人で着るのはむずかしいので、先生の様子をよく見ながら同じように真似ていきます。
先生の所作は美しい〜。これが出来るようになるのは、1度通っただけでは難しそうでした。
真似てご自分で着たあとに、仕上げに先生が綺麗に手直しして頂き、メンバーも大満足の様子でした!
「とても楽しかったです♪」と自然と笑顔に。やはり日本の女性はお着物がよく似合いますね〜♪丁寧に教えていただいたので、今回は1時間でお着物まで着ることができました。(帯はまた次回のお楽しみ!)
着付け教室は初心者から経験者まで、その方に合わせた進み具合で教えて頂けます。
通常の着付け教室では、グループで行ったり、わからなかったところを聴くタイミングなど悩ましいこともあるかと思いますが、茶吉さんで行われる着付け教室はマンツーマンなので、子育ての忙しさから解放されて、自分のためだけの癒しの時間になることが何より嬉しいですね。

茶吉

多くの方が着物について悩まれるのは保管でしょうか。子育て中は自分の時間を子供のために費やしているので、自分のことを考える時間さえ忘れがちです。
良い着物でも長年タンスにしまっていたらいつの間にか、黄色い斑点やしみができていたなんてことも!
管理の大切さを肌で感じる瞬間です。
いざという時のために着物を持っているけど、家で眠っている…。使う時に出してみて、ビックリするのと同時にショックですよね…。しみがついてすぐ悉皆に出せば綺麗に落ちますが、長年保存されていたものですと、しみが出来てから時間がたって悉皆へ持っていっても完全に綺麗になることは難しいんです。
しみの種類によっても様々ですが、職人さんが頑張ってできるだけ綺麗にしても、元の生地が傷んでしまわないようにお手入れするので、長年のしみですと完全には綺麗にできないものも多いのです。
それぞれが、思い出のつまったお着物だと思いますので、着られたらすぐに悉皆の生洗いにだしたり。落ちなくなってしまったしみの上から柄足しをすることもできますので、ご相談されるのが良いかと思います。
着用後はなるべく早めに、悉皆に持って生洗いに出すと安心ですね。他にも、湿気の季節は要注意。そのままで眠らせておくとカビ臭くなってしまいますので湿気は大敵です。
整理整頓の時間を設けてみると、また着物を着たいという気持ちも湧き上がってくるかもしれないですね。

茶吉

府中を誇る大國魂神社では、結婚式、お宮参りや七五三の姿も多く見かけます。着物姿の子供達は、本当に可愛いくて微笑ましいです。
ここでも、産着を三歳のお宮参りに仕立て直しをするときや、姉妹で同じ着物を着るときに寸法直しをする際には、悉皆にお願いできます。
府中には郷土の森総合体育館に弓道場があったり、剣道の試合も行われていたりと、袴(はかま)を着て行うスポーツをされる方や、子供達もいます。
取材中にも、お直しを受け取りに来られたお客さんと遭遇しました。
府中は歴史的な行事についても色々と知られている方が多くいらっしゃるので、とても奥深く感じられます。
他にも、茶道や華道などお着物を着られる習い事をやっていたという方も。そんな着物の文化を府中で支えている茶吉さん。
お直しや悉皆のご相談に丁寧に教えていただけます。お着物についてご興味がある方は、ぜひ足を運んでみて下さい。

日本の民族衣装である「着物」ですが、普段から着ることは現代では本当に少ないと思います。
ですが、ここ最近は結婚式での和装も多くなってきているそうです。着物を着ると心もしゃんとして気持ちも引き締まるので、着物って式などの「大事な時に着る」という、理にかなっているんだな、と感じます。
こういった伝統や文化を大事にしていく人が府中にまだまだたくさんいらっしゃるんだ、と改めて感じました。着物の文化が今後も後世に残っていくといいな…と切に願っています。

written by やすやす

名称 茶吉(さきち)
住所 府中市府中町2-23-13
電話 042-336-6846
営業時間 10:00~18:00
定休日 毎週火曜日/第1、3、5日曜日(※第2、4日曜日は通常営業)
WEBサイト http://sakichi.jp/
交通アクセス 京王線 府中駅北口より徒歩で8分。ルミエール府中の東隣です。

最終更新日:2019年8月16日

てくてくひろば てくてくひろば


すまいる すまいる



`てらこや てらこや


協賛・寄付のお願い 協賛・寄付のお願い


バナー広告掲載の募集 バナー広告掲載の募集